0歳の育児でドタバタな毎日。イライラしないコツはある?

妊娠・出産、育児

0歳の子育てはイライラしてしまうのも無理ありません。初めての子育てという人は特に出産を終えて次々とやるべきことがあって大変ですよね!1歳に近づくうちにだんだんと楽になっていきますが、0歳の育児は忍耐を求められます。赤ちゃんの成長とともに長い目で見てお世話していきましょう。

スポンサーリンク

3か月くらいまでは夜の授乳で昼間眠い

離乳食が始まるまで、基本的に赤ちゃんはミルクのみで栄養を摂ります。生後3か月くらいまでは夜もミルクをほしがるので、寝る時間が削られてしまいます。特に生後1か月は夜も2時間おきの授乳が必要なので一番大変ですね。

3か月くらいまで夜の授乳は続きますが、だんだんあげる間隔があいてくるので少しずつ楽になってきますね。夜の授乳は大変ですが、昼間仮眠をとる時間を確保して、体力を残しておきましょう。3か月くらいからだんだんと夜も寝てくれる時間もできてくるので、1,2か月が頑張り時です。

睡眠時間が削られたり赤ちゃんの泣きがストレスになりがちですが、イライラしすぎず子の成長を楽しみながらお世話できるのが理想です。垣間見られる可愛い表情やしぐさに癒されることも多いので、毎日の育児を頑張りましょう。

夕泣きや夜泣きはこう乗り切る

夕方になると赤ちゃんが不機嫌になり、訳もなく泣き続けるということが結構長く続く子もいます。これがなかなか大変です。夕方6時くらいから不機嫌になって夜の8時くらいまでずっとだらだら泣き続けるというパターンが毎日だと、さすがに大人も参ってしまいますね。

ずっと訳もなく泣いているときはあやしても泣き止まないことが多く、泣き止ませようとしているうちにいつの間にかミルクを欲しがって泣いていたりします。

こういう時はだっこしてあげて、ゆりかごのようにゆらゆら揺らしてあげるのが一番いいです。スリングとか抱っこひもでおんぶしてあげて、安心させてあげましょう☆そのうち眠ってしまったらお昼寝の布団などに寝かせてあげてください。

赤ちゃんを泣き止ます時に便利なのが、スーパーの袋です。がさがさ音が鳴るものならなんでもいいのですが、これは結構効果あります!

夜泣きについてですが、これは一人で寝られるようになってから起こります。寝ているとき泣きだしたらだっこしてあやしたり、ミルクをあげましょう。1か月くらいで終わるので、そうするともう夜も一人で静かに寝てくれるので助かります☆

はいはいを始める頃~つかまり立ちの時期

はいはいがどれくらいでできるようになるかは、赤ちゃんによっても違ってきますね。首座りやえんこができるのが5,6か月くらいで、それまではねんねの姿勢が多く、寝返りを始めるのも個人差があります。はいはいも遅い子だと10か月近くだったりします。成長スピードがそれぞれの子で違うので、平均より遅れても長い目で見てあげましょう。

はいはいを始める頃は、できなくて泣いたりイライラしたりする子もいます。あとちょっとのところでコツをつかめなかったりして、本人も悔しいのでしょうね。

一度はいはいを始めてしまえば、本当に嬉しそうに毎日てくてくと歩き出すのでそうなれば大人も嬉しいものです♪ただ、自由に移動できるようになると物を荒らしたりもするようになります。

特に、読んでいる本を落とされたり、棚に入っている物をいじったりは多いので注意しましょう。そういう風にされてもイライラしない、赤ちゃんが触れるところに物を置かない、など心構えが必要です。

また、テーブルなどの角に頭をぶつけやすい時期でもあるので、100均などで売っている補強材が便利です。あとは、キッチンの入り口にゲートを用意すると、料理中に侵入されずイライラが減ります。赤ちゃんの遊べるサークルなどを用意してあげるのも、お互いにストレスを溜めないためにいいです。赤ちゃんによっては最初は自分からはあまりサークルに入ってくれない子もいます。大人が一緒に入るなどして慣れさせましょう☆

まとめ

赤ちゃんに付きっ切りということも多い0歳の育児ですが、自分の子供の成長を楽しみながら休めるときは休む、ということを心がけ毎日頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました