怖いイメージもあるのでは?促進剤での出産とはこんなもの。

妊娠・出産、育児

促進剤は破水してなかなか出産の兆候が見られない時にも使います。促進剤と聞くと、自然に産まれるのではなく出産をコントロールして早めるという意味で、少し抵抗を感じてしまいます。自然に陣痛が起きて産まれてくるのが一番いいのでしょうが、なかなか出産まで行きつかないときに使うのが促進剤です。

スポンサーリンク

予定日前に破水

出産予定日まであと週間なのにまだ全然産まれてくる気配がない、というのはとても心配になります。出産を促すために自分でできる運動も色々あるので取り組んでみるとか、出産を早めるという噂の飲み物を飲んでみるとか、やれることはやっておきたいですよね!

その効果もあって出産の兆候が見られたけど、陣痛ではなく破水...。これはちょっと面倒なこともあります。私の場合の一連の出来事はこんな感じです。

病院からもらった妊娠・出産の冊子を確認して、破水だと判断したら病院に電話。状態を話したらすぐに来てください、と言われる。病院に行ったらすぐに入院してください、と言われる。そのまま入院して翌日促進剤にて出産。

こんな風に、破水からの出産はなかなかハードなスケジュールでした...!

破水から陣痛が少し起きる

破水してもなかなか陣痛が起きないと自然な出産ではなく、出産をコントロールする必要性が出てきます。破水すると感染も起こりやすくなるため、24時間以内に産むという決まりがあるみたいです。私の病院はそうでした。

体調の変化に気づいたのは夜でしたが、疲れていたのもあってそのまま寝てしまいました。朝になって破水だと気づいて連絡したのです。入院したその日は陣痛が起きるか様子見ということで、陣痛室で過ごしました。もう陣痛が起きてる人もいたみたいです。

私はその日は結局陣痛は来ず、そのとき自分では気づきませんでしたが、夜寝てから陣痛が起きていたようです。なんども繰り返される不快感があって、自分ではなんだろうなんだろうと思っていました。

促進剤を用いて予定日過ぎて出産

次の日。陣痛がいまいちだったので、お昼ご飯後に促進剤を使って出産しましょう、ということを言われました。(心配していたバルーンは使わなくて良かったので一安心でした。)予定日1週間前くらいにネットで調べていた通り、やはり自分も促進剤になったか、と思っていました。

こちらの不安とは裏腹に、促進剤での出産は淡々と進みました。促進剤は量を少しずつ増やす感じなので、そこまですぐに産むというわけではありません。しばらくすると陣痛が本格的になるので、そこでいよいよ出産となりました。

分娩室でも促進剤を少しずつ増やしていって、どんどん陣痛が起き間隔が縮まって、出産が進みました。意図的に陣痛を起こしての出産だったのでなかなか大変なものでしたが、病院側の指示に従って安全に出産までたどり着けたので良かったと思っています。

あとがき

予定日1週間前くらいにネットで調べた情報だと、促進剤を使ってもなかなか出産まで行かない人もいる、と書かれていたのを思い出して、自分はまだましな方なのだと感じています。バルーンとか促進剤を使っての出産は、出産が思うように進まなかった人が多く、不安も多いですが、出産は人それぞれ大変なので安全に産めることが一番だと思います。高齢での妊娠・出産だと、産むまでスムーズにいくとは限りません。やはり今思うのが、病院選びがとても大事だということです。いざというときに対応できる設備のある、技術の高いスタッフのいる病院が安心ですよ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました