HSPの人の多くが苦労してることとは?!...仕事が辛い、うまくいかない。

生き方

HSPの人はそうじゃない人に比べて、何かをするときに色んなことを考えすぎたりして疲れやすかったりしませんか?!HSPの人が仕事をしていくときに気を付けてほしいことをまとめました!HSPの性質のせいで仕事が辛くなってしまったりしたときに読んでもらえればと思います♪

スポンサーリンク

HSPの仕事選び

繊細さが邪魔をして仕事がうまく行きにくいHSPの人達にとって、仕事選びは普通の人達以上に重要視したほうがよさそうです。なぜなら、彼らにとって仕事選びとは、単に職種や業種で選べばいいというものではなく、自分が働きやすい環境とは?ずっと熱意を持ってやれることとは何か?ということを明確にする必要があるからです。

逆にそういうところを外してしまうと、HSPにとっていい職場を見つけることは難しくなってきます。やはり繊細な面を持つ彼らにとって、自分にとって仕事に集中できる環境が整っているということ、よそ見せずに取り組むことのできる仕事を見つけることこそいい仕事と巡り合うコツだとも言えそうです。職種なども大事ですが、自分の興味・関心やそこにプラスして働く環境もよく考慮した方が良さそうです!

HSPの仕事でのマイナス面

洞察力がある、先見性があるなどHSPには仕事をするにあたっていい面もありますが、そういう深く物事を処理するところが会社で仕事をしたりするときに邪魔になることが多々あります。仕事を覚える段階でもそういうのがネックとなって、周りの誤解を生む原因ともなるからです。教えられたこと以外にも色々考えてしまうHSPは、言われた通り素直にやるということが苦手だったり、余計なことを考えて仕事を進めるのが遅かったりします。

そういうHSPのマイナス面は、会社で仕事をするときにすごく不利になりがちです。できればそういうところを出さずに他の人と同じように仕事をこなしていけたらいいですし、あまり細かいことを考えないで淡々とやっていくということに慣れた方がいいのかもしれません。特に仕事を覚える段階とかではHSPの真面目すぎるところが邪魔になったりもするので、教わったことを素直にやるのがいいかと思います。

何事も考えすぎて疲れやすいHSPは、神経が高ぶったり物事に動揺しやすく、そういうことがまた会社で仕事をするうえで要注意となってきます。物事にこだわりすぎない、何事もほどほどにということを頭に置いて、仕事では特に神経質になりすぎないようにしましょう。

そういう緊張がかえって思わぬミスを招いてしまうかもしれないので、肩の力を抜いて、万一ミスをしてしまっても必要以上に引きずらないことが大切です。「自分のここがいけなかったんだ、次からはこうしよう!」と反省して、それ以上ミスした自分を責めないようにすることが大切です。考えすぎて思考から抜けられなくなって自己嫌悪になってしまうこともあるので。

HSPと会社の人間関係

基本的に会社は仕事をするところなので、人間関係は必要以上に気にしすぎることもないですが、HSPの場合だと周りと調和のとれたコミュニケーションをしていったほうがいいと思われます。HSPにありがちな独特な意見は理解されないことが多いので、あまり自分の意見に固執せず周りに合わせて行った方がうまく行きやすいと思いますね。自分らしくいながらも周りとも協調を図って、自分も周りも大事にやっていきたいですよね!でも周りに合わせすぎて疲れないようにしてくださいね。

HSPとダウンタイム

忙しく働いてるHSPの人ほどとって欲しいのがダウンタイムです。人間関係、環境に神経をすり減らしやすいHSPにとって、気持ちの整理をするためにもほっと一息つける時間はなくてはならないものです。色々なことに刺激を受けやすいHSPはきちんとクールダウンする時間を持つことで、また頑張ることができます。

そのためには、やっぱり体を休めることや気持ちを落ち着けることが大事です。気になってること、うまくいかないことを引きずらないために、例えば人間関係だったら相手を許し自分を許すことが必要だったりします。やっぱり疲れが取れれば「あーなんだ、こんなことだったのか、悩むことでもなかったな。」と思えることもあるので、ダウンタイムはやっぱり大事ですね。

まとめ

仕事で辛いときでもHSPの特徴を知って、うまく切り替えたり溜めこまないようにすれば大丈夫です。あとは、こうしなければいけないとかこだわりすぎをやめて柔軟性を持てればいいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました