ストレスに弱く溜め込みがちなHSPが楽に毎日を送る方法とは?

悩み

HSPの繊細さはプラスに働けば、他の人より楽しい毎日が送れたりもするのですが、マイナス面もあって外部からの刺激を受けやすかったりして疲れやすいです。そういう刺激が大きいストレスになってしまうとHSPは疲弊してしまいます。どういうことが悪影響になるのか知っておくことで、ストレスの少ない毎日を過ごせるようになります。

スポンサーリンク

HSPは外部から刺激を受け取りやすい

HSPは良い意味でも悪い意味でも物事から影響を受けやすいです。同じことをやっても他の人より受け取る情報量も多いですし、物事を深く深く掘り下げて考えます。そのため、なにかやるごとに頭を整理する時間が必要だったり、その物事で頭がいっぱいになったりします。

これはHSPの繊細さの良さでもあり、時にはその感受性が幸福感をもたらしてくれることもあるのですが、情報を受け取りすぎる、そのために感情的になりやすい、などはHSPの短所であったりもするかと思います。そういったことが他の人と比べて疲れやすく、ストレスを溜め込みやすいことにつながっているんですね。

なので、HSPの方々に少し気を付けて欲しいことがあって、色んな出来事から色々受け取ることはいいのですが、これからは少しだけ受け取る量を減らしたりして自分が疲れないようにして欲しいです。受け取る情報量が多かったり情報の質が高かったりすると、やはり人はそれだけ影響を受けるので感情移入したりが出てきます。

HSPの人は物事を深く掘り下げるから感情移入しやすく、感情的になりやすいのですよね。だったら、なるべく情報を受けない、最近はミュートとか言ったりしますが、受け取る量を制限しましょう。そうすれば感情に支配されず、もっと楽に過ごせるようになると思います。一つのことにこだわりすぎず難しく考えず、もっと楽しむ気持ちを大切にやってみましょう。

外部から距離を置こう

HSPの人は無意識に人との距離感が近くなっていることも多く、そういう状態だと必要以上に疲れが溜まりやすくなります。自分を守るために時には外部に影響を受けないようにすることも大事ですよ。

周りをシャットダウンするには、よく自分の周りに透明のシートがあるように考えるといいとか聞きますね。どうも周りが気になって仕方ない、疲れてしまうというときは自分が透明の膜で覆われているように思って、外部の刺激から自分を守りましょう。

どんなイメージでもいいので、自分は周りから侵されない存在だと思うことが大事です。自分が落ち着いて自信が持てるようなイメージができるといいですね。外部の刺激をもろに受けていては体が持たないのでとてもおすすめの方法です。

または、イヤホンをするとかでも外部の刺激からかなり離れることができますね。私が最近いいなと感じてるのは、サングラスや眼鏡をかけることです。いつもと周りの見え方が少し変わって、フレーム越しに見る感覚が不思議と落ち着きます。

このように、なんでもいいので自分が守られてる、という感覚が持てることはすごく大事です。外部からの刺激に振り回されやすいHSPにとって、自分を落ち着かせる工夫をすることで大分楽に過ごせることと思います。

瞑想もおすすめ

外部からの刺激をシャットダウンする方法はいくつかありましたが、意識を自分に集中させる瞑想もおすすめです。瞑想は呼吸に集中して余計な雑念から逃れることですね。自分に意識を集中させることで、良い意味で自分中心になって他が気にならなくなりますよ。

ヨガをしばらく続けていると、自分の中心に意識を向けるのが上手になって、気持ちを落ち着かせたいときはいつでも実行することができます。こういう習慣がいざという時に役立つので、周りが気になるときでも自分軸を持つことが可能になります。

ヨガの呼吸法は特に自分を落ち着かせるのに役立つので、不安や焦りを感じたときにも使えます。色々な感情が巡って悪循環になっているときには、そういう気分を一度リセットさせるようにしましょう。

まとめ

一般の人以上に外部から色々と受け取りやすいHSPの人はストレスを溜めがちですが、刺激をシャットダウンしたり切り替えたりすることで今よりだいぶ楽に日々を過ごせると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました