HSPに多い内向型の性格の特徴とその生かし方

生き方

HSPさんの多数が内向的だと言われていて、この性格は社会の中で不利になることもしばしばですが、特徴をきちんと知っておいて自分の弱み強みを把握しておけばよりよく毎日を過ごしていくことができます。内向型をマイナスに捉えすぎず、無理なくやっていけるよう自分のことをよく分かっておきましょう。

スポンサーリンク

内向型のHSPは刺激に敏感なところが不利になる

社会でやっていると大多数の人が物事に鈍感で、ちょっとしたことではそこまで取り乱したりしないことに気づきます。これはHSPであればすぐに気づくことだと思います。何かあると他の人はすぐに立ち直るのに対して、HSPは引きずりがちだしいつまでも気にしていたりしませんか。

社会の人の多くが外交的で刺激に鈍感なので、その分他人の痛みというのも分かりません。ほとんど皆がそんなことぐらいで落ち込んでどうする、とか思っていたり、すごく鈍感な人だと刺激があったとしてもスルーしています。だから、HSPさんとか内向型の人が苦しんでいても、理解されないのです。

私はHSPさんにもっと鈍感になれ、というのは違うと思いますが、物事に対してショックを受けすぎたり、引きずったりして悪影響を受けすぎるのは意識して直そうとしていったほうがいいのかな、と思います。敏感なのに鈍感なフリをするのは、益々自分を疲れさせることになるので良くないですが、刺激に慣れたり周りに振り回されないようにすることはいいことだと思うのです。

HSPの敏感さを生かせばよりよく生きられる

物事に敏感なことはHSPを疲れさせ、周りの人より多くの休息を必要としデリケートで弱い人というイメージになってしまうかもしれません。確かにHSPは刺激を受けたダメージを取り除くために、しっかりと休息を取ることでエネルギーが蓄えられ、力を発揮することができる人たちです。

情報をたくさん受け取ってしまう分、疲れた自分をきちんと回復させることが大事なので、そこを忘れないでいれば敏感さは人にはないすごい能力を発揮することも多いですよ♪他の人が気づかない細部のより重要なことに気づけたり、そういうことに目を向けられるのもHSPの強みだと思いますね。

また、HSPの繊細さは優しさでもあり、困っている人や弱い立場の人を助けてあげたいという気持ちを人一倍持っています。鈍感な人がそんなことくらい、と思うことも気にしてしまうHSPですが、そういう性質が他人を助けることにつながっています。

人の気持ちが分かり痛みを理解しやすいHSPは弱者を助けたいと思い、自分を必要としている困っている人を助けることで、大きな満足感を得ることができます。助けられた人もありがたいと思っているのでそれぞれがプラスに働く関係なのです。鈍感な人が大部分を占める社会の中で、困っている人の痛みを分かる人はHSPなどの敏感な人なので、とても貴重な存在なのです。

HSPの他とは違う発想が人の助けになる

HSPは深く掘り下げた思考能力があるので、普通の人が考えられないようなことを思いついたりして、為になるようなアイディアを生み出したりもできます。彼らは何をするにもじっくりと考えてやるので、単純な発想でなくより便利で工夫された物の考え方をするのです。

そうやって自然と考え出されたものが、今まで思いつかないようなすごいアイディアとか見落としがちだったことをはっきりさせてくれたりします。HSPは企画とか独自の創造性を生かした仕事でも力を発揮するとも言われていて、彼らの深い思考能力がいい形で発揮されて多くの人の為になれれば最高ですよね♪

まとめ

HSPは繊細で傷つきやすいため他の人と比べてタフでないとか、マイナス面は色々ありますが、その分そういう優れた感受性を生かして良い発想を生み出したりすることもできるのです☆生きるのがなかなか難しい性質を持ちながらも、自分を生かしていけることが喜びにつながり彼らの生きがいになっていくのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました