【3か月試してみました】健康雑誌を参考にやってみた子宮筋腫が小さくなるツボ押し

ストレスと付き合う

病院で子宮筋腫があると分かると、誰でも早くなくしたいとかどうにか小さくできないか、と考えるものです。筋腫ができる原因は食事やストレスと言われていますが、そういうことに気を付けることと一緒に、お腹の血行促進のためのツボ押しも筋腫を小さくする試みとして効果が期待できるのではないでしょうか♪

スポンサーリンク

お腹のツボ押しで筋腫が小さくなる!

健康情報誌でツボ押しが筋腫を小さくする、また消失させるという情報を見つけたらやってみようと思う人は多いと思います。筋腫があることで、このブログでも書いている通り下腹がぽっこりしてウエストがきつくなったり、大きくなった筋腫が膀胱を圧迫するため頻尿になったりと、日常生活にも地味に支障をきたすため、多くの人が少しでも小さくしたいと思うものです。

情報誌では、このツボ押しを継続したことで筋腫が小さくなるばかりか、消えたという口コミも紹介されていました。こういう話を聞くと、筋腫って消えることがあるのか!と勇気づけられ、少しでも小さくなるならどんなことでも頑張りたいと思えませんか♪

私もネットなどで筋腫をなくす方法を探している最中だったので、このような情報を知って、「そうか!お腹をツボ押しして血行を良くするっていうのは筋腫に直接働きかけるから、筋腫をなくす一番の近道かもしれない。」と一つの救いを得た気分でした☆

腹部の冷えや血流不足を改善する!

お腹の血流が悪いと冷えてコリができてしまいます。お腹にコリがある人の多くが婦人科の病気を持っていると言われています。骨盤内の血流を良くして酸素を行きわたらせることで、子宮周りが温まりコリが取れていき、子宮筋腫の改善につながります。

原因不明と言われている筋腫を治すためには、お腹の血流を改善する血液循環療法がおすすめです♪筋腫がある人の多くは血流悪化による冷えによってできたしこりがへそ下に見つかり、血液循環療法によってコリををほぐすと効果的です。子宮周辺の血流量が増えると思い生理痛の症状も和らぐと言われています。

へそ下のしこりはお腹の押圧で解消することができ、子宮の血流を促すことで子宮筋腫が縮小する効果が確認されています☆この押圧は手指でしこりのある部分にジワーっと圧をかけ、パッと圧を解放します。このことにより、古い血液が押し出され新鮮な血液がドッと流れ込みます。しこりが消失すれば血流量が増え、新陳代謝が良くなるので病気が改善されますね♪

おなか押圧をやってみる♪

お腹押圧は仰向けに寝てひざを立て、10か所の治療ポイントを押します。10か所の治療ポイントを全て押圧すると、子宮筋腫だけでなく糖尿病や高血圧、関節痛、心臓病、腎臓病、便秘、膀胱炎、頻尿といった病気の改善にも効果があります☆

私も何年か前ですが、この押圧を毎朝やっていましたよ。まず子宮辺りをゆたぽんのお腹用で温めてから10か所または筋腫に効く3か所を押していました。毎日筋腫がなくなりますように、と願いながら習慣にしてしまえば大変じゃなくなりましたよ。

お腹押圧のやり方はYouTubeでも解説しています。

https://www.youtube.com/watch?v=Ixp3DPmGLxQ

まとめ

おなか押圧はとても地味な筋腫対策ですが、気や血流をよくすることって体が温まり色んな病気に効果があるのでやってみて損はないです。私は頻尿もあるのでお腹のコリがぼぐれて一緒に改善したら嬉しいです♪体を温めることは病気を予防して元気でいる近道なので、皆さんもやってみてくださいね(^-^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました